Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/to34shi123/ammpcentre.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

脱毛サロンと医療クリックどちらを選んだら良いの?

サロンとクリニック女性

全身脱毛を行いたいと思った時に、脱毛サロンに通っている友人もいれば、医療クリニックで脱毛した知人も多いはずです。
いざ自分で全身脱毛にチャレンジしようと思った時に、どのような違いがあるのか知らなければ判断できません。では、どのような基準で選べば良いのでしょうか。

医療クリニックは美容医療として脱毛を提供している

医療クリニックは、レーザー脱毛を医師の下で行うために、出力が強い機械を使った施術を行います。
施術担当者だけでなく、医師による診察を受けた上で美容医療として医療脱毛を提供しているので、エステ店に通った経験がある人には違和感があるはずです。
なぜなら、医療クリニックで行う脱毛はあくまでも医療行為として行うものですから、原則として一切勧誘が行われません。
リスク説明と医師による皮膚の診断に加えて施術方法としてどのレーザー脱毛機器を使った施術が望ましいかという説明を受けて、
納得した上で依頼すれば契約が出来る流れです。原則として勧誘行為を行って提供するサービスとは異なるので、美容医療行為として行われるという違いがあります。

医療脱毛は痛みが強いことは本当なのか

レーザー脱毛は、メラニン色素が濃い部分ほど毛母細胞へのダメージを与えやすいように設計されているので、レーザー出力が強い医療脱毛ほど痛みは強いです。
痛みの感じ方には個人差があるものの、ムダ毛の濃さが濃い人ほどレーザー出力を目一杯上げなくても十分なダメージを与えられるので、
出力を上げなけれはならないケースは怪我細く薄い人です。実際に医療脱毛を施術した段階で痛みが強すぎて続けられない様子ならば、
医師により別途局所麻酔薬を併用することで施術可能になります。脱毛サロンには医師がいないので、
医療クリニックだからこそ痛みのコントロールまで医師に任せれば耐えられない痛みでは無くなります。
通院回数も一般的な肌質ならば、2ヶ月に1回の施術を5回通うことにより全身脱毛が完了するコースが一般的です。

脱毛サロンは減毛を繰り返すことで永久脱毛に近づける

脱毛サロンは、正確には脱毛よりも減毛と呼ぶ状況が相応しいほど、法律上の制限によりレーザー出力の上限が医療行為とならない程度に制限されています。
代わりに一回の照射でショット可能な範囲を広く取れるので、施術面積が広い分だけ一回の施術時間を短縮可能です。
2ヶ月に1回ペースにて12回~18回程度通うことで全身脱毛を行います。元々レーザー出力が弱いだけでなく、
好みに合わせて出力調整を行ってもらえるので、痛みに弱い人にとっては脱毛サロンでの施術なら継続できるという人も少なくありません。
脱毛サロンは、1度に全身脱毛全てを一気に行う所だけでなく、2部位や4部位に分けて繰り返し通うタイプも存在します。
全身脱毛の施術を一通り行って一回というカウントになるので、実際に通う回数は多くなるわけです。

肌が色白なら医療クリニックが適している

レーザー脱毛は、メラニン色素に反応して処理を行う仕組みとなっているので、肌が白くムダ毛が濃いほど効率的に脱毛可能です。
一方、地黒やシミが多かったり日焼けした肌の場合には、医療用レーザー脱毛器では出力が強すぎて火傷リスクがあるので、
脱毛サロンの弱い出力が適している人もいます。肌にもメラニン色素は存在するので、ムダ毛のみに反応するように調整することが困難ですから、
レーザー出力を調整して注意深く施術しなければなりません。レーザー出力を強く出来る色白な人ほど医療クリニックが適していて、
火傷リスクがあるほどメラニン色素が濃ければ脱毛サロンによる減毛処理が望ましいわけです。

SNSでもご購読できます。